美術品配送のプロを探し出す秘訣

美術品によく使われる専門用語解説

美術品には様々な専門用語が使われます。工芸品や刀などでは蒔絵と呼ばれる用語が使われており、漆を用いて模様を描き、金や銀の色粉をその上から蒔きつけていることを指しています。

美術品配送ではどんな業者が選ばれているか?

no.1

海外への輸送が可能な業者

美術品は国内だけでなく海外とのやり取りも行われています。そのため国内から海外、海外から国内への輸送を行なっている業者は美術品を扱う方々から多く支持されているのです。

no.2

専用車で安全に運んでくれる

絵画や彫像などの特殊な美術品は通常のトラックでの配送が行なえません。そのため、湿度と温度を調節出来る車や振動が少なく彫像を傷つけることなく固定出来る専用車を配備する業者は人気があります。

no.3

ベテランのスタッフが対応してくれる

美術品の扱いを心得ているベテランのスタッフであれば依頼主の品を安全に運んでくれます。またベテランのスタッフは経験も豊富なため、安心して配送の依頼をすることが出来ます。

no.4

細かく連絡をしてくれる業者

どの業者でもそうですが、依頼主に細かく連絡してくれる業者は信頼できます。運び終えた時や持ち出す際にも連絡をしてくれるので、心配する必要がなくなり安心できます。

no.5

安い料金で配送を請け負う

配送に掛かる費用を安くで請け負ってくれる業者はやはり人気があります。しかし低価格の場合だとオプションも最低限になっている可能性があるのでその点は注意が必要になるでしょう。

配送する美術品の確認・日程決め

美術品配送の基本的な流れ

美術品配送を行なう場合は、まずどんな美術品を配送するのかを確認します。美術品によって運ぶ車が決まりますので美術品特定が重要になってきます。その次に日程を相談して都合の良い日にちを決めるのです。

美術品の特定が完了したら見積もり

美術品の種類や数が決まれば見積もりを出します。この見積もりは基本的に無料になっていることが多く、見積もりと同時に細かなスケジュールを組んで段取りを決めます。段取りが決まれば次に運搬作業に移ります。

積み込みの作業をしっかりと

美術品は取替の利かない財産とされており、積み込み作業と荷降ろしが一番重要になります。美術品に合わせた専用車で積み込み作業を行い、絵画などの場合には温度管理や湿度管理も徹底して行います。

目的地に到着した場合には

無事、美術品を目的地まで運び終えた場合には、依頼主に運び終えたことを報告することがあります。このサービスは依頼主を安心させる事が出来る良心的なサービスと言えるでしょう。

美術館に展示する際の流れとは

依頼主が個人ではなく美術館などの施設に展示をする場合には、基本的な流れは変わりませんが、展示終了後にしっかりと依頼主の元まで美術品を返却します。持ち出しから返却までの流れを行なってくれるのです。

美術品の配送に注意

電卓を持つ女性

売りに出す美術品を配送する場合

美術品の売買で気をつけなければならない事として品物の配送があります。技術の高い配送業者に依頼することで美術品の鮮度や質を落とさずに送り届けてくれるため、評判を調べて選ぶようにしましょう。

直接手で触れないように運ぶ

美術品の中には手で触れただけで質が下がってしまう物もあります。そのため運ぶ際も手袋をして慎重に扱ってくれる配送業者を探しましょう。専門の配送業者では広い知識と信頼できる技術で運ぶことが出来ます。

大きな美術品も専用のトラックで運送

美術品では彫像などの大きな物があります。彫像の場合はちょっとした衝撃で欠けたり、折れたりしてしまうものもあるので繊細に扱わなくてはなりません。美術品の専用配送を行なう業者では傷をつけないように特殊なトラックを使用します。

配送中の湿度や温度の徹底管理

絵画は古い紙に描かれているので湿度の変化や温度によってダメージを受けてしまいます。特に配送中は気をつけなければなりませんが、高い技術を持っている美術品配送業者は温湿の徹底管理を行っているので安心できます。

広告募集中